私の両手はあらゆる境界を越えて新しい世界を書き出せる

私の趣味は、ズバリ小説を書くことです。

ネット上の投稿サイトや出版社が主催する公募大賞にも応募しています。

結果は並ですが、私の作品を読んで感想をくれる熱心なファンの方もおり、非常に心強い支えとなっています。

小説を書くことの何が面白いのかと言えば、タイトルにつけましたように

「あらゆる境界を越えて新しい世界を書き出せる」

ことに他ありません。

魔法が使えたら、モンスターをカッコよく倒すような冒険ができたら、可愛いヒロインと恋ができたら。

などなど、誰だって一度は想像すると思います。

ですが現実は悲しいかな、魔法も使えませんし、モンスターもいません。

可愛いヒロインと恋ができたらいいですが、そんな恵まれた人がどれだけこの世界にはいるでしょう。

既にある作品に自身を投影して楽しむ方法もありますが、自分の手で書いたものは自分が楽しむために書いたものですから、

絶対的に自分好みの話になります。

そして自分好みの話が出来上がれば、その作品に愛情が生まれ、

「こういうことをさせてみたい」

「ああいう設定を加えたい」

「続きはこうしたい」

など、おのずと欲が出てきます。

私は小説を書き出してそこそこ経ちますが、この自然と湧き出るアイデアを形にするのがすごくすごく楽しくて、まったく止められません。

出来上がった作品を自分で楽しむだけのものにするか、世の中に公開して他の人の反応をうかがうかは個人にお任せしますが、

オリジナルの話を書いてみるというのはやってみるととても面白いものだというのは間違いありません。

最初は上手くいかないかもしれませんが、自分なりのやり方を見つけると書くのが本当に楽しくなりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です